小規模保育事業という最新のビジネス|待機児童が皆無

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

新時代の保育ビジネス

保育園

認可事業で安定経営

従来、認可保育所を設置するに際しては定員・広さ・建物の構造など法令に定めた基準をすべてクリアしなければなりませんでした。そのため、用地の確保が困難であったりといった事情で、ニーズのある地域でありながらなかなか設置が進まないといった問題点がありました。こうした課題を解決すべくスタートしたのが、小規模保育事業という制度です。これは、従来の基準では認可外とならざるを得なかったような小さな施設でも正規の保育所として認可し、公的な財政支援などを行っていくというものです。この事業により、都市部など適当な用地が少ない地域でも保育施設の設置が進み、待機児童が解消されるとの期待が高まっています。また、ビジネスの世界では、小規模保育事業を起業のチャンスとしてとらえる動きも出てきています。

低コストでの開業が可能

小規模保育事業では0〜2歳児を預かって保育を実施しますが、定員が20人未満であるという点に特徴があります。そのため、少人数ならではのきめ細やかな保育が行えると同時に、運営者にとっては従来の認可保育所より少ない資金で開業・運営できるというメリットがあります。まず、施設の広さについては、当然ながら定員に合わせて小規模なものとなります。そのため、近くに公園等があれば空き家やマンションの一室などを転用することが可能になります。さらに、人員の配置基準も定員に見合ったものとなるため、保育士の雇入れ人数も少なくなり、その分人件費も少なくなります。また、設立準備期間が短くて済むのも小規模保育事業の特徴です。通常の認可保育所の場合、開業までは2〜3年かかると言われていますが、小規模保育事業なら最短5か月程度で施設を立ち上げることも可能です。

店舗出店を考えた時に

サロン

美容室を開業する場合、個人経営、業務委託、のれん分け、フランチャイズの経営スタイルのどれを選ぶかがポイントになり、資金や運営方針に変わりが出てきます。それぞれには特徴があり、特にフランチャイズの場合は経営サポートや人材募集も行ってくれるので、開業に不安な方でもおすすめです。

詳しくはこちら

飲食店の募集状況

ラー麺

ラーメン店の求人募集には、独立開業の支援を前提としたものがあります。これはチェーン店を増やす目的でラーメンの作り方から店舗運営に関するノウハウを伝授されるものとなります。脱サラを目指す人に人気の募集とし近年増えています、

詳しくはこちら

外国での支援

握手

コンサルティングを行ってくれる企業に、インドネシアなどの海外進出を行う場合にはサポートを依頼してみましょう。コンサルティング企業の強みは会社の設立から経営の支援に至るまで、多くのことを行ってくれる点にあります。

詳しくはこちら